急増中の新型うつ病~専門医による適切な治療が必要です~

新型うつの症状と対策

頭を抱える男性

新型うつ病は周りから理解はされないことが多いものの、少しでもその兆候が見受けられた場合には素人判断はせずに医療機関を受診することが大切です。治療に励む際には医療機関はより患者との相性のいところをピックアップしてより精神的負担が少ないところを選ぶのがポイントです。

もっと知ろう

若年層に多いうつ症状とは

考える女の人

限定的なうつ症状

現代人にとって身近な病気であるうつ病は、長期的に体の調子が悪くなったり精神的に追い込まれるケースが殆どですが、最近ではこれらうつ病の特長とは少し違った症状、ケースが注目されています。それは、うつの症状が出るのがごく短時間、さらには仕事や学校などごく限られた時間や場所に限定されているケースです。患者はプライベートや遊びの場には積極的、意欲的に参加するのにも関わらず仕事や学校になると極端に気力をなくす、こうした行動が多くなります。この場合、よく職場の上司や学校の教員は怠けているだけだろうと判断してしまうのですが、実はこうした症状の中に新たな病気が隠れている可能性があるのです。それが新型うつ病と呼ばれるものです。新型うつ病は一見するとただの怠け者、自己中心的な人として処理されてしまいがちですが、そのまま放置することによって症状がさらに悪化し記憶力や集中力の低下を招いていきます。結果、仕事や勉学はもちろんですが、日常生活にも支障を来すほどの症状が現れることもあるためより一層の注意が必要となってくるのです。新型うつ病と怠けを見極めるにはそれ相応の知識と経験が必要になります。専門の医療機関の医師でもその判断が難しいケースも在るため、素人では到底判断することができません。ただ、あまりにも症状が顕著に現れてきている場合、例えば作業効率が著しく低下したり難しい仕事でもないのに失敗が続いているという人には周りからそれとなく受診を勧めていくのもオススメです。本人のプライドを傷つけないように慎重に行動する必要はありますが、極端な症状が現れた場合には企業の担当医や地域の精神分野の専門医に相談を持ちかける必要があるのです。

周りの人間の対応ポイント

新型うつ病の患者の思考傾向は一般的に知られているうつ病とは異なっています。一般的に知られているうつ病が自分を責める、追い詰める傾向にあるのに対して、新型うつ病は周りの人間、上司や家族、教師などに問題の原因を求めてしまう特徴があります。自分は悪くはない、周りの環境が悪いのだと決めてかかることによって仕事や学校などプレッシャーの多い場所から回避しようとするのです。こうした思考傾向にある新型うつ病の患者に接するには、周りの人間は相当に気を遣わなくてはいけません。これは一般的に知られている定型うつ病と同じことですが、本人を責めたてるような叱咤は厳禁です。患者本人が最もつらい立場にいて、仕事や学校に行こうと思ってもなかなかそれが出来ない、そんな中で周りの人間からも責めたてられてしまえばさらに患者自身を追い込んでしまいます。周りの人間は出来るだけ患者のサポートに回ること、必要に応じて適度な励ましを入れることによって患者自身のストレスを軽減され、社会復帰を促していくことができるのです。もちろん、こうした患者のサポートには専門の医療機関での治療、カウンセリングも必要不可欠です。人によっては抗不安薬などの処方薬を利用する場合もあるでしょうし、長期的なカウンセリングで患者自身の問題点の振り返り、環境の変化を生み出していくことも大切になってきます。新型うつ病は治療が長期に渡る傾向が強いことでも知られていますが、何も治らない病気というわけではありません。こうした周りのサポート、適切な治療があれば十分に回復、社会復帰に繋げていくことも可能になってくるのです。

うつ病に似た新たな症状

男性

若い人に多い新型うつ病は、うつ病とは症状が似ていても、原因となっているストレスから遠ざかれば元気になるという特徴があります。この症状から誤解を受けてしまいがちなのですが、親しい関係であれば説明していくことも大切です。新型うつ病は病院で治療をしていくことができるので、その不安定な状態を克服できます。

もっと知ろう

増えているうつ

ハートを持つ看護師

新型うつ病は若い世代に多く見られるうつ病であり、従来のうつ病とは異なる症状が現れます。専門医でもアプローチが難しいことがあり、治療も試行錯誤の段階です。新型うつ病の場合にも脳の機能が低下している可能性があるため、前頭葉を活性化するアプローチが役立ちます。

もっと知ろう