急増中の新型うつ病~専門医による適切な治療が必要です~

うつ病に似た新たな症状

男性

うつ病との違い

うつ病にも症状によって種類があり、その1つに新型うつ病というのがあります。これは、うつ病のような症状に見えて1つ大きな違いあがり、それはストレスの原因から離れると症状がよくなるというところです。うつ病はその症状がずっと続いていきますが、新型うつ病はその原因だけに反応してしまう症状です。今こういった新型うつ病が若い人に多いことで注目されるようになり、病院でも治療を受けにくる患者が増えてきました。その多くは若い世代の社会人で、仕事上の問題で症状が出てしまう人が目立ちます。仕事先でストレスを抱えてしまって休みがちになったり、出勤するときにあらゆる症状が出てしまい、結局仕事が長続きしないことになってしまいます。具体的な症状はうつ病のような感じですが、自分を追い込むようなことはほとんどなく、周囲の人や環境のせいにしたりします。極端にストレスに対して敏感で、我慢するようなことがあまり見られません。そして、仕事場では症状が出ていたのに、家に帰ると調子がよくなるといったのが新型うつ病の典型的な例です。こういった症状は、自分で治そうとしてもなかなか上手くいきません。環境が変われば症状がよくなるので、いろんなところで適用しようとはしないからです。しかし、今後のことを考えれば決していいことではないので、現状を変えていく必要があります。このような意味でも、専門的な治療が症状を改善に向かわせることができます。うつ病に近い内容で治療は行われますが、投薬だけでなく、ストレスに強い考え方をしっかり身につけさせることも行われています。カウンセリングや認知行動療法で、どんなところでも上手く関われるように、考え方や行動をその治療で誘導してくれるのです。

周りからの理解

新型うつ病で注意したのが周りからの影響です。この症状の特徴や若い人に多いということから、「怠けている」「心が弱い」などと誤解を受けてしまいがちなところがあります。確かに、人から見てこんなことで落ち込んでしまう人や、環境が変われば元気になる人を見たら、そう思っても仕方ないかもしれません。しかし、これも脳の機能障害が関係していることもあり、その人の問題だけとは言いきれません。新型うつ病はその理解が乏しいことから、周りからそういう目で見られてしまうところがあるのです。そんな影響から、新型うつ病で悩む人はますます症状が悪化してくる恐れがあります。そのままだとなかなか前に進むこともできないので、やはり近くに理解者がいることはとても重要です。家族でもいいですし、頼れる存在が必要です。病院でも医師やカウンセラーが心強い関係となってくれるので、この先を後押ししてくれる存在になります。また、できれば仕事先にも報告して、治療中であることや症状の具体的なことも知らせておくと、周りからの理解が得られることもあります。このようにして、無理に理解を求める必要はありませんが、知ってもらうことで関係がスムーズになることも予想できます。しかし、あまり周りからの目を気にすることなく、新型うつ病を克服することに集中していくことが必要です。1人で悩みを抱え込まずに、誰かに支えられることで症状がよくなることも期待できます。治療は焦らずマイペースに取り組んでいくようにし、少しづつ周りに配慮を向けて自信を持つようにしていくことです。